忍者ブログ
Admin*Write*Comment
元素記号W
[1]  [2]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

パーツは買ったら組まないと!
面倒な前置きは~購入編~を見てもらうとして
Core i7 6700K+Z170+Geforce GTX 970換装レポです。

今まで使っていたのは、コチラ。
- P67マザー
- Core i7 2600
- ELSA Geforce GTX 570


★まずは、主要パーツもろもろを開梱



★マザーボードにCPUとメモリを取り付けます

ここは慣れた物。CPUはただ乗せて、固定金具を引っ掛けるだけ。
メモリは押し込むだけなのでちょちょいと済ませます。


今回の問題はこれ。

★CPUファンの取り付け


今まで、CPUに標準で付いてきたファンを使ってPCを
組み上げてきたのですが、Core i7 6700には標準でCPUファンは付いてません。

純正のプッシュピンタイプのやつしか扱った事がないのでファンの向きを
どうしようかや他のパーツの干渉は大丈夫だろうかと若干難儀したのですが
悩んだのはそこだけ。このファンの取り付け自体は非常に楽でした。
(今後グリスだけは塗り替えて、バックプレートが合う限り使いまわして行こうかな)

●バックプレートを取り付けます


●グリス塗り塗りします

グリスは接地面積の小さい方につけるのがセオリーらしいですが
たまたまCPUの方が狭く見えたので、コチラに塗布。

ご存知の方も多いと思いますが右の写真のように均等に

グリス塗り広げるには、オレンジカード(テレホンカード)が楽ちんです。
あの弾力がちょうどよいです。

脱線するけど、工業遺産にしてもよいのではと思う!

この後、ファンのX字の金具にフィンを乗っけて設置します。

※設置のために一時的にファンをはずしてます。

この時点では高い構造物がコレしかないので不恰好で
バランス悪いです。乗せ換えのときマザーが曲がらないか
不安でした。(笑)

★取り付け中のマザーボードとの換装

ケースのほうに取り付けてある、ケーブル、ビス、グラボ
もろもろをはずしてマザーボードを隣によっこいしょします。



電源とHDD、光学ドライブは流用するのでそのまま。
先ほどCPUとメモリ、ファンを取り付けたボードと交換します。

出来上がりはこのようになります。

後は電源とIO、SATAケーブルを結線!

★グラフィックカードを設置
この辺、だらだらやってもあれなので画像はありません。(

出来上がりはこんな感じになりました。


あとは、電源投入して、BIOS周りを設定して稼動テストになります。

おまけ
UFEI BIOSをみてマウス操作できることに感動。

拍手[0回]

PR
ここのところご無沙汰だった、PCのパーツ交換をしてみました。

当初の予定では単純に、グラフィックボードを
スペックアップしたいと思ってました。
ただ、ショップに行くと、使用しているnVIDIA GeForce GTXの
5707xx番台以上にするとBIOSのバージョンによっては
相性問題のでるマザーボード構成に該当しているそうなんです。

BIOSアップデートはいいけど、調べるのも面倒なので
どうせなら買ってしまうか。そんなところにきたのが、
Core i7 6700の登場でした。
適当に悩んだ末ほぼ総とっかえすることにしました。
整理すると、タイミングがよかったんです。

思い立ったら、即行動です。
ちゃちゃっと購入してきました。
- ASUS Z170-K
- ELSA Geforce GTX970
- DDR4-2133 8GB×2



出たばかりということもあってCPUはそこそこイイ値段しました。
メモリもこのZ170のチップセットから初めての規格DDR4です。
(グラフィックボードはマァ・・・ね。高いよね)

構築編につづく

拍手[0回]

すっかり忘れてた(てへ)

ま、自己満足記事だからコメントないのも想定していたさ!
そう、想定内・・・(;ω;)


回答は以下から!

拍手[0回]

ツイッターにて、関西のかたの方言に関する話題で盛り上がったので、
勢いに任せて、北海道弁に親しんでもらおうと思い問題考えてみました。

わかった方はコメントで答えてみてください。
後日正解を発表します。

なお、検定1級の問題なる検定は実在しません。
また登場するシーンはネタ性とリアリティを追求していますが
すべて架空のものです。

拍手[0回]

本州の方は慣れない凍結路面などで足元が大変そうですね。

そこで、近々「道産子による、凍結路面はこう歩け!」企画を
予定しています。

去年はブログでこんなんして歩けば転ばないよって投稿した気がしますが
そんな風に、ただ紹介するだけでは面白くないかなーと思い、
某所では有名なアノ道産子にアポイント中です。

えーと、具体的には詰めていないのですが・・・、たぶん今月末には
公開できるんじゃないか?と思ってます。
アポイントした相手と私のやる気次第ですのであまり期待せず、
お待ちください。

拍手[0回]

仕事中、Googleのロゴを見ていたら、なんか奇妙なロゴが面白い。




MMDの練習がてら勢いに任せてやった。


今は公開してます。(自己満足うp)

拍手[0回]

  • ABOUT
このブログは、思いつき、やる気、オンラインゲームの活動記録が配合されています。
  • カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
  • プロフィール
HN:
あき/落日
性別:
非公開
職業:
おふぃすわーかー
自己紹介:
ヽ(・⊥・)ノ

忍者ツールズプローフィール:
忍者ツールズプロフィールは終了しました
  • アクセス解析&カウンタ
  • 最新コメント
無題(返信済)
(11/28)
無題(返信済)
(09/25)
(05/06)
  • 最新トラックバック
  • 著作権について
当ブログにて頻繁に登場する、オンラインゲームのスクリーンショット等の著作権表示です。
◆Ragnarok Online◆
このブログ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。

© Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
© 2010 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.


◆R.O.H.A.N. Online◆
Copyright 2010 R.O.H.A.N by WeMade Online Co.,Ltd. All Rights Reserved.
Copyright 2005-2010 R.O.H.A.N by YNK GAMES Inc. All Rights Reserved.


◆Phantasy Star Online 2◆
(C)SEGA PHANTASY STAR ONLINE 2

『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト

なお、当ブログに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
  • Twitter
Copyright © 元素記号W All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]