忍者ブログ
Admin*Write*Comment
元素記号W
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

まだ親には告げていない。
絶縁されるだろうか?

ここまでのダイジェスト。

2018年8月某日―
彼女の実家が建て替えを検討しているとの話が出る。
その際、一緒に住むかどうかを彼女の父から相談される。

翌週―
家を建てるか迫られる。
正直建てたくはない。
ここに根を生やす気はもともとなく、
一度家を建てることは断ったのだ。

僕が北海道の両親を棄てることになってしまう。
なんだかんだ言っても肉親である。
せめて、マンションくらいかな、、、と思っているんだけど。

そのさらに数週間後、9月―
やはり家は建てたくないという思いを募ったままきちんと断り切れず、
オープンハウスを見に行くことになる。マンションを考えていたが
ヨサゲなところは見つからない。というか駐車場付きで納得いく物件がない。

初めて、ハウスメーカーの人の話を聞く。とんとんと、次週事務所まで来て
家を建てるということが何たるかをきちんと説明してくれることになる。

さらに数週間後―
気が付けばとんとんと土地も決めさせられ、家を建てる段階の話まで進んだ。
唐突に不安に、なんでこんなするすると建てる話になっているのか。
2017年の秋口に見に行った工務店の雰囲気がよかったなと感じる。

彼女に素直に話したら、同じことを思っていたらしい。
このハウスメーカーには一度時間が欲しいと伝える。

また数週間、10月―
某ハウスメーカーは断ることにした。

いろいろなメーカーを回って、セールストークがうまいところ、
嘘くささを感じるところ、とても信頼できるが建っている家に
不安を感じるところ。いろいろ見たおかげで、とんとん拍子で
家を建てる段階までになったハウスメーカーは断る決心がついたし
きちんとどんな土地に住みたいかを考えたいと思った。
ここまで来たら、北海道に帰るなんて中途半端な思いはあきらめよう。

両親には申し訳ないが、僕はいなかったものと思ってもらう。
そんなことを伝える電話もして怒られた。

翌週―
必至に土地探し。
ハウスメーカーを絞ったことで、土地探しに専念できる。

絞ったのは碧南・西尾・高浜・安城。
こんなところに住みたくはないと思ったが、でも住むと決めたなら、
津波の影響、地震の影響は受けない地域にしたい。

必然的に海側・海抜の低いところは除外され、碧南はほぼなくなった。
また、市街化調整地域だらけの安城も消えた。高浜も…地味に高く手が届かない。

残るは西尾、一度上横須賀の土地を紹介されたが、あまりに周りが何もなさすぎ。
駅も近いが、少々不自由さを感じる。

彼女は、家を建てたいという思いだけが先行していろんなものに目移りするらしく、、、
なぜそこが気になるのか理解が追いつかないことがある。
土地探しに専念しているのは僕だけ?ということがたまにあってちょっとがっかり。

思ってももみ込んでしまう僕の悪い癖はいつか直そう。お互いのためにならない。
でも、自由奔放にしてる彼女が好きで付き合い始めたのもあるので、今だけは

11月―
気に入る土地も絞り、4物件程度に絞る。気に入った工務店の建築士さんに相談する。
結果、西尾の土地になりそうだ。
ローンの審査も通るか仮審査をお願いする。

11月末
土地を契約することに決めた。不動産屋さんに連絡。
ちょっと煽られて値切り気味に契約の値段を伝えてみることにした。

ローンを組むことはできそうだが、ローンの借り入れ(家の引き渡し)までに
いくつか条件があるとのこと。

1.彼女のショッピングクレジットと子供たち学資ローンの負債を完済すること。
2.入籍を済ますこと。

家が建つまでに結婚しなければいけない。
もともと予定はしているので1.は簡単にクリアできるが、2は…
2人の目標になった家を建てることに注ごうと思う。

まだ結婚前のことなので貸し付けるということにした。
ちょっと気は引けたけど何を言われてもいい、後腐れのないように
借用書を書いてもらうことも了承してもらった。

12月9日
土地を契約した。
人生で一番の大きな買い物になった。
まだもう一段階あるけど。

ちょっとだけ不安。今年の源泉でローン組めるのかなぁ…
彼女の収入がた落ちしているんだけど。

12月15日
家の間取りを決めた。
次回までに大枠の見積もりを出してくれるとのこと。
外構やインテリアなどこれからなので、あとから微調整はできるとのこと。

次回以降はこまめに気になったことをしたためていこうと思う。

拍手[0回]

PR
Windows10はライセンスのみの販売を行っており
Amazonなどで購入することができます。

このため、PCにWindows10をインストールした後、
あとからライセンス認証を行うというケースが
以前より多くなってきているのかもしれません。

あとは再インストールなどした時にとりあえず
セットアップを完了させるため認証をスキップした場合などもありますね。

そんな時にどこから認証画面を呼び出すことができるかのメモです。

<1> [Windows]キー+[i]キーで「Windowsの設定」画面を表示します。

   

<2> Windowsの設定で「更新とセキュリティ」アイコンをクリックします。
 
 <1>の画像では3段目に隠れてしまっています

<3> 更新とセキュリティ画面で、「ライセンス認証」をクリックし
  右側に表示される「プロダクトキーを変更する」をクリックします
 
 
<4> ユーザアカウント制御が操作した内容の確認を表示してきますので
  「はい」ボタンで応答し「プロダクトキーの入力」画面を表示します。
 


あとは、入力欄に購入したライセンスキーを入力して認証を通すだけになります。

★リンク
【Amazon】Windows10 home ライセンス
【Amazon】Windows 10 Pro ライセンス

拍手[0回]

発令!「艦隊作戦第三法」が始まり、1週間ほど経過しました。
いつものようにTwitterのコレクションを投稿しておくの忘れておりました。

拍手[0回]

このたびの台風10号の影響であちらこちらで川が氾濫し
経験したことのない不安や危機を感じることがありました。

皆様にはご心配をおかけしましたが、ぼくいきてます。
残念だったな!

今もまだ、復旧の作業であちらこちらで寝ずの対応をしている人たちがいます。

シャチクを美化するわけではないですが、人知れず一生懸命働いている
人たちがいるのに、僕だけ仕事に出ない訳にはいかないなぁと思って
31日は出勤しました。
とある人には何考えているんだって怒られちゃいましたが(笑)

さて、生きていればこそできることをします。

今回、情報の収集の仕方失敗しました。
災害情報を得るには何が一番かを考えます。
個人的に利用した情報源に利用価値のあくまで個人的な
順位付けをしてみた結果です。

 1)コミュニティFM(ラジオ)
 2)テレビ、ラジオ
 3)インターネット情報
 4)携帯のエリアメール

1)コミュニティFM。
 中でも地元に根差した放送局はやはり情報が早い。
 ここ近年、日本全国的にどんどん減っているそうですが
 もともとコミュニティFMができた歴史を考えると、
 こういう時にはあってほしいとうなづける点が多かったです。

 地域の人からの情報収集、自治体から出される災害情報の発信、
 情報量はぴか一でした。

2)放送局。
 やっぱり、ラジオ・テレビの垂れ流し情報はよい。
 ただ、北海道は地域柄、テレビ局とラジオ局は全地域をカバーできていません。
 発信できる情報が分散してしまいがちになります。
 1)のコミュニティFMもラジオなのに対してあえて分けた理由はここにあります。

 また、札幌が拠点となり放送するため、本当にほしい目と鼻の先の
 川の情報は何十分間に何回といったレベルでした。

3)インターネットは肝心な時に繋がらない。
 ITメディアからアクセスできるよう、こんなページが用意されているのを
 ご存知でしょうか?

 災害・防災情報 - 国土交通省
 川の防災情報:全国概況
 避難情報-Yahoo!天気・災害
 リアルタイムダム情報-札内川ダム
 緊急・警戒情報(防災関連)|帯広市ホームページ
 ※列挙したのは今回利用したサイトです。

 大手のサイトは安定してつながります。
 しかし、そのサイトからリンクされた先は、サーバが小さく、
 アクセス過多でつながらないサイト結構ありました。

 よって、情報ソースとしてはイマイチ
 ほしい時に得られない情報は…

 さらに、出てくる用語が理解できないなんてことも。
 せっかく何かを知らせてくれているのに、パッと見て
 直感的に逃げなきゃと思える情報を整理してくれていない。

 皆さまはこの情報危険度の違いわかりますか?

 - [避難指示][避難勧告][避難準備]
 - [氾濫発生][氾濫危険水位][避難判断水位][氾濫注意水位][水防団待機水位]

 答えは左から順に危険度が高いです。
 しかもこれが、どのレベルなのか…パッと見てわからない。
 あらかじめ知っておく必要があるのか?!と思うことも。

4)ないよりはマシだった。エリアメール。
 何より、発信されるタイミングがいまいちということが
 何度もありました。

 2:30に発令された避難勧告の情報が4:55に届いた
 なんてことも。

 今回の対応が続くなら正直な感想としてこれは使えない。
 もっと整備が進むとよいなと思いました。


これは2011年の震災の時から言われていることですが
絶対に「今まで大丈夫だったから」は通用しないこと、
オオカミ少年と化した災害情報でも、さすがにやばそうな
ことくらいは肌で感じ取るべきだなと感じました。
(30台にしてやっと気が付いたよ。)

なんたって、今年の北海道4度も台風の観光を許していますしね!
気象庁も前例がないって言っていましたっけ。

拍手[0回]


ついに艦これのTweetコレクションを張り付けるだけの置き場と化しています!
他に更新するネタは…ないの

拍手[0回]

前回のブログ履歴を見たら、艦これついーとのまとめだった!
今回は…同じくまとめです(おい)

今回は艦これ改で先行実装されたUSS IOWA登場の予定です。
どこまでいけるかな~?

ドロップで嵐が落ちるという話も聞いているのですが、
ひとまずは、褒賞艦を目標にしてます。

↓ツイッターマトメスクリプトは以下より↓

拍手[0回]

  • ABOUT
このブログは、思いつき、やる気、オンラインゲームの活動記録が配合されています。
  • カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
  • プロフィール
HN:
あき/落日
性別:
非公開
職業:
おふぃすわーかー
自己紹介:
ヽ(・⊥・)ノ

忍者ツールズプローフィール:
忍者ツールズプロフィールは終了しました
  • アクセス解析&カウンタ
  • 最新コメント
無題(返信済)
(11/28)
無題(返信済)
(09/25)
(05/06)
  • 最新トラックバック
  • 著作権について
当ブログにて頻繁に登場する、オンラインゲームのスクリーンショット等の著作権表示です。
◆Ragnarok Online◆
このブログ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。

© Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
© 2010 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.


◆R.O.H.A.N. Online◆
Copyright 2010 R.O.H.A.N by WeMade Online Co.,Ltd. All Rights Reserved.
Copyright 2005-2010 R.O.H.A.N by YNK GAMES Inc. All Rights Reserved.


◆Phantasy Star Online 2◆
(C)SEGA PHANTASY STAR ONLINE 2

『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト

なお、当ブログに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
  • Twitter
Copyright © 元素記号W All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]